横浜ベイスターズ2011

ここでは、「横浜ベイスターズ2011」 に関する記事を紹介しています。

中日戦で5回3安打2失点の上々1軍デビューを果たした国吉が2試合目の先発、
6四死球を出しながらも6回3失点にまとめたが6安打完封され2敗目。
三浦が力ある直球で押し6回9奪三振1失点の好投。
7回に制球を乱した相手先発伊藤をとらえ見事逆転勝利!
須田が4安打4四死球を出しながらも6回1失点にまとめプロ初勝利。
打撃陣が相手ミスを見逃さず得点を重ね接戦に勝利。
加賀の好投、勝負強い打撃、好守で接戦を制し連敗ストップ。
先発真下が5回を1失点に封じ高卒2年目でプロ初勝利。
打撃陣も9安打8得点の効率良い攻撃で若手投手を援護し4連勝!
先発高崎が7回を6安打無四球1失点の好投、
リリーフ陣崩れるも最後は吉村の4年ぶりサヨナラ弾で決着。
須田が初回に2失点しながらも5回を3失点にまとめると
スタメン起用されながらノーヒット2三振に終わっていた内藤が第4打席で
値千金の逆転2点適時二塁打!
9回は山口がきっちり締め明日は今シーズン初の3タテ挑戦へ。
スタメンマスクをかぶった細山田の2点適時センター前ヒットで先制、
先発山本が8回3安打1失点の快投で今シーズン2勝目。
先発ハミルトンが持ち味を出せず2回5失点ノックアウト。
先発投手94回2/3、防御率5.99 絶賛崩壊中
救援投手76回1/3、防御率2.71
先発三浦は球威・制球ともに欠き4安打1本塁打3失点で初回KO。
一方相手先発篠田も調子が上がらず3回に連打で一挙4得点逆転、
その後追いつかれるも8回表に村田適時打で勝ち越し広島戦連敗を10でストップ。