投手中心、即戦力3枚補強へ

ここでは、「投手中心、即戦力3枚補強へ」 に関する記事を紹介しています。

■ スカウト会議「即戦力投手3人欲しい」(スポーツ報知) 09/10/15

 横浜市内の球団事務所で横浜はスカウト会議を行った。加地社長の公約した「横浜高・筒香のドラフト1位指名」には変わりないが、堀井チーフスカウトは「現在の投手陣の陣容を見ても、明らかに投手の枚数が足りない。最低でも3人は欲しい」とコメント。社会人・大学生の即戦力投手を積極的に指名する方針を明かした。

■ 横浜若林オーナーが大補強敢行を明言(日刊スポーツ) 09/10/14

 今月末のドラフト会議でも横浜・筒香(つつごう)嘉智内野手(3年)の1位指名が内定しているが、それ以降は投手中心の指名になる見込みだ。

 【左大社】 中澤(トヨタ) 藤原(立命大) 中林(慶応大) 古川(日本文)
        山内(九共大)
 【左高校】 岡田(智弁和) 山田(敦賀気) 眞下(東望洋)
 【右大社】 二神(法政大) 武内(法政大) 戸村(立教大) 松下(早 大)
 【右高校】 中村(春日共) 


 以上が現在リストアップと報道された投手たち。
 2位は1位指名から漏れた即戦力左腕投手、中林・古川の可能性が高そうですね。
 横浜は逆ウェーバー順が遅いので上記投手たちは3位までにはあらかた消えているなんてことも
 ありそうで3枚確保となると幅広い調査が必要とされますね。
 逆に言えば情報の出ていない中下位候補がいるはずで楽しみではあり。
 地元投手、青学大の154km右腕山室とか!?

 例年以上に候補に即戦力投手が少ない今年、即戦力しばりで来年一年にとらわれた補強
 は回避してもらいたいところ。
 大社も素質に良さを感じさせる投手が多いこともあり。
 最近は事前情報とは違う巧いドラフトも見せてくれていましたが今年は果たして。。

コメント
この記事へのコメント
リストアップ投手の中では中澤、古川、二神あたりが横浜でも何とかなりそうな投手でしょうか。
戸村なども非常に素質を感じさせますが横浜では無理か、と感じてしまいますね。
多少荒っぽくても資質の高さを感じさせる投手好きとしてはつらいところ。
楠田指名となれば昨年の小杉同様それだけでだいぶテンションが上がってしまいそうです(笑)

小林は確か地元楽天がマークでしたね。何気な実力派、意外に早い段階で消えるかも。
村上GM退団で社会人選手への姿勢がどうなるのかにも注目ですね。
横浜は投手が育つ、いずれそんな日が来るんでしょうか。
2009/10/17(土) 16:24 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
う~む、リストアップ報道の顔ぶれでは横浜3位指名時に残っている投手はいませんねぇ~、2位でほぼ消えるなこれは…。ただ記事内でも触れられているとおり、情報がまだ出ていない投手がどれだけストックされているかが楽しみです。管理人さんとしては、ここで楠田(早大)が隠されていたら嬉しいですよね(笑)。

地元出身選手ということで山室(青学大)の名前を出されていますが、個人的には横浜が育てきれる投手かなぁ?と少し疑問でもあります。スケールの大きさは魅力なんですけど。
私としては小林敦(七十七銀行)なんか良さそうかな、と思います。東海大相模→東海大出身ですから、ここはひとつ稲嶺スカウトに頑張ってもらうということで。
2009/10/17(土) 00:49 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2009-10-15|横浜ドラフト2009 | コメント(2) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/269-b2fad642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック