台湾代表146キロ左腕、王溢正獲得へ

ここでは、「台湾代表146キロ左腕、王溢正獲得へ」 に関する記事を紹介しています。

 ■ 大補強だ!スレッジ&台湾代表左腕獲得へ(スポーツ報知) 09/11/4

 横浜が、今オフの補強の目玉として、日本ハムのターメル・スレッジ外野手(32)をリストアップしていることが4日、分かった。また、台湾代表左腕の王溢正(ワン・イーゼン)投手(24)=ラニュー=を獲得する方針も固めており、2年連続最下位からの巻き返しを期して、本気の大補強を敢行する。横浜が、日本シリーズのカギを握る大砲に熱視線を送っていた。スレッジは今季で2年契約が切れ、来季以降の去就は未定。「右打者は内川、村田、吉村とそろっている。左の長距離砲が獲れれば一番いい」(球団関係者)と、5番を打てる助っ人に候補を絞っていた。ポストシーズンでも際だった勝負強さを見せるスレッジはうってつけの人材で、動向を慎重に見守っていく。また、王は今夏のアジア野球選手権(札幌)でも同国代表として来日189センチ、75キロの体格から投げ下ろす、140キロ台中盤の速球を武器にしている。昨年のドラフトではラニューから2位指名。兵役の関係上練習生扱いだったが、将来を嘱望される大型左腕だ。横浜では先発の一角として期待をかけており、横須賀の2軍練習場での最終テストを経て、近日中に沖縄・宜野湾の投手陣キャンプに合流する予定だ。横浜はロッテのエース・清水直をトレードで獲得することにも水面下で合意し、9日にも発表の予定。また、同じくロッテから橋本がFA宣言すれば交渉に乗り出すことが濃厚で、この4人の推定年俸を合計しただけでも5億円を超える計算になる。来季こそCS進出を目指して、戦えるチーム作りを進めていく。

 ▽ 王溢正(Wang Yi-Zheng)
   189cm75kg 左左 MAX146km スライダー・フォーク

  (09年:ラニュー二軍成績)
    1勝1敗 27.1回 奪三15 四死21 自責18 防御率5.93
                     奪三振率4.94 四死球率6.91




 長身細身素材型投手の獲得が続きますね。
 柔らかさのある腕の振りから最速146㌔の直球とスライダー、フォーク。
 今年の成績を見る限りコントロールに課題がありそうですが素質は良さそうですね。
 夏にはBFAアジア選手権に中国代表に選出され試合にもリリーフで数試合に登板した有望株
 ではあるものの中国チームは札幌ラウンド3試合25失点、今年のラニューでの成績は防御率
 5.93と即戦力とは言い難い印象です。
 長い手足を持て余さないようまずは体作り、筋力アップから。

 こういった投手が育てられるのであればとっくに那須野を戦力に出来ていたとか、大補強!!と言う
 ほどまでには手ごたえを感じないとか。まあ気のせいでしょう。
 スレッジの話題は日本シリーズが終わってからにしてもらいたかった気も。

コメント
この記事へのコメント
ターニーさん、以前はTVKなんかにも頻繁に出演されていて親しみがあったので残念ですね。
裏方ではスコアラーを強化したようですがまだ育成部門には目が向いていない感じでしょうかね。
2009/11/14(土) 16:54 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
監督、コーチ陣が決定し、外国人やトレードなど徐々に来季の布陣がかたまりつつありますね

尾花を引き抜いていますので強くは言えませんが、ターニーの巨人入りは驚きました、惜しい人材だったんではないかと・・・、しかも発表されたコーチ陣にトレーニングやコンディショニングコーチがいないようですが
2009/11/13(金) 22:40 | URL | ゆき #-[ 編集]
その報知で「王獲りにメドが立っていることで、日本ハムからFA宣言した藤井獲得には動かない。」との一文がありということは王を来季の戦力として考えているということになりますね。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20091111-OHT1T00004.htm

岡本コーチは尾花さんがやりやすい様に選ばれたという感じですね。
監督1年目で投手コーチとしての手腕を期待されるというのも大変そうですが。
あとは中里が巨人に入団なんだそうで他球団のことながらちょっと楽しみです。
2009/11/11(水) 22:41 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
報知によると、王溢正の獲得が濃厚みたいですね。
台湾代表という肩書きの一方で兵役でのブランクもある素材型左腕ですし、何よりプロ球団に在籍する選手のため、移籍交渉もそう簡単には行かないかと勝手に想像していましたので、先にテスト情報の出た頼鴻誠よりも話が早く進むとは予想外でした。
「練習生の中から1人は上で、1人は育成枠で」という球団幹部の話が以前にありましたが、王はどちらでの採用になるのかな?注目ですね。

新監督が決まり、来季に向けた人事も続々動きはじめました。
1軍投手コーチに岡本克道氏(元ソフトバンク)を招聘、ブルペン担当となる予定だそうです。岡本氏はかつて柳ヶ浦高校の速球派右腕でしたから、ぜひとも後輩の山口を育て上げてほしいですね。また同氏は現在、四国IL・香川のコーチでもあるとのことで、新人の福田にとっても心強い情報ではないかと。1軍に上がるための大きなモチベーションになってくれたらと思います。
2009/11/11(水) 21:23 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
国立体育学院、台湾の有望選手の出身校としてよく名前が出ますよね。
台湾プロ野球というのがどういったレベルなのかこれまたサッパリ知りません(笑)
筒香と眞下、AAAベストナインでしたか。今知りました。
今年のAAA選手権と言えば中国相手に挙げた1勝のみで韓国に1敗、台湾に2敗。3位決定戦に勝利して何とか銅メダルというあまり良い印象ではなかったんですが。
特に打撃陣が木製バット対応に苦しんだようで打線爆発は中国戦のみ、それまでの3試合で2得点と湿っていたようです。
眞下、「指名されて気合が入ってきた」などなど前向きな発言がプロ向きの印象を感じさせて良いですね。
2009/11/08(日) 00:43 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
頼鴻誠の動画、私も探してみましたが見つけられませんでした。もっぱらネット+活字情報を集めまくり、総合的に判断すると頼の方が上かな?程度のものですから(笑)。ただ、頼の所属する国立体育学院は台湾プロ球団が本拠にするような球場を保有しているほどなので、野球への力の入れ方がかなり本格的かなぁと。そういう整った環境にいた選手ということで、頼を含むテスト生3人にはちょっと期待しています。

AAAつながりで気づきましたが、今年のAAA選手権では筒香と眞下がそれぞれベストナインに選ばれていたんですね。今回は関東の高校生選抜チームということでほとんど注目しておらず、つい先ほど初めて知りました(すみません)。
で、ドラフト後に眞下が語った「筒香には打たれた記憶しかない。味方で良かった」という言葉は、そういう意味もあるのかとようやく納得できた次第です。本当に今さらですけど(笑)。
2009/11/07(土) 21:17 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
> ドラフト4位・眞下とそう変わらないんじゃないかなと思います。
同じことを思いました。
即戦力の外国人投手補強というよりはドラフト下位で素材型大卒左腕を一枚補強した感じですね。
頼鴻誠の完成度については見たことが全く無いので分かりません。
もしかしてどこかに動画あったりしますか?

阿波野の外れ1位が友利でしたっけ。素材型を獲得し移籍後開花パターンでしたね。
加賀については先発、中継ぎ、どちらで期待しているんでしょうね。
現在チームではリリーフ起用されているようですが。
2009/11/06(金) 21:11 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
育成難度は高そうですが獲得費用は低めなんでしょうからそういった意味ではローリスクとも言えますね。台湾の獲得ルート開拓は歓迎ですが数年後、台湾でも「横浜では投手は育たない」などと評判にならないようにはしないといけないですね。

スレッジについては今日のスポニチで日ハム側の反応が。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/11/06/23.html
「もちろん来季も残ってほしい。ただ、交渉はこれから」
「マネーゲームをするつもりはない。うちはコストパフォーマンスに見合ったコストを出すだけ」
だそうです。
松本の存在は貴重ですね。相変わらず機動力アップにはあまり目が向いていない印象もあって。
守備で1点を防ぎ機動力で1点を稼ぐ。そんなシーンを見ると羨ましくなります。
2009/11/06(金) 21:04 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
なぜか、台湾出身左腕のネタが続きますね。最初にこのニュースに接した時は、てっきり頼鴻誠と混同していると思い込んでいました。記者がどっかで間違えたんだろうと…って失礼な話ですが(笑)。
YouTubeで王溢正の映像を見ましたが、これまたなかなかの素材型投手だなと。率直に言って、完成度では頼鴻誠の方が上でしょうか。王の現状は、ドラフト4位・眞下とそう変わらないんじゃないかなと思います。潜在能力に期待をかけたい荒削り投手。
一方で、リリース時の手首の動きが非常に柔らかく、球の出所が見極めにくそうな点と、投球に微妙な間がある点が気に入りました。どちらも教えることがなかなか難しいポイントなので。

ドラフト2位・加賀も指名あいさつの場で「阿波野さんを超えたい」と語ったようですが、阿波野と言えばプロ1年目に西崎(日本ハム)とハイレベルな新人王争いを演じ、ともに15勝をマークしたことを思い出します。いきなり高いハードルですが、どこまで迫れるか注目したいですね。それだけの期待を球団からかけられていると思います。
2009/11/06(金) 00:26 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
王の動画みましたが、一瞬那須野かと思いました。

代わりが見つかったからトレードのコマにしたのかと邪推してみたり。
見たところ那須野同様ハイリスクハイリターンの補強になりそうですね。

因みにスレッジ補強に大きな異論はないのですが、今年のベイを見ていると松本の台頭が一番の戦力増強に繋がる気がします。
球場の大小問わずやはり日ハムの野球みてると俊足強肩の外野手の存在は大きいです。
2009/11/06(金) 00:19 | URL | ボーズ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2009-11-05|外国人情報 | コメント(10) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/278-b16ca3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック