台湾の速球派右腕、鄭文豪を育成枠で獲得へ

ここでは、「台湾の速球派右腕、鄭文豪を育成枠で獲得へ」 に関する記事を紹介しています。

 ■ 練習生参加の台湾右腕鄭文豪、育成枠獲得へ(カナロコ) 09/11/16

 横浜が、台湾国立体育学院大の鄭文豪投手(18)=178センチ、87キロ、右投げ左打ち=の育成枠での獲得交渉に乗り出したことが16日、分かった。鄭投手は今月初旬に横須賀キャンプに練習生として参加。テストを兼ねた投球練習で幹部、スカウトの目に留まった。台湾から練習生を招くのは初めて。岡本編成部長は「アジア戦略の一環。選手獲得の可能性を広げる」と身体能力にたける台湾球界の人材発掘に傾注しており、育成枠での検討は数年先の戦力と見込んでのもの。台湾代表はここ10年で、16~18歳の選手で競うAAAアジア選手権で優勝、準優勝各2度。世界選手権でも2度の準優勝に食い込んでおり、若い世代の台頭が顕著だ。鄭投手は米大リーグのスカウトからも注目されている。横浜は、La Newベアーズの王溢正投手(24)を支配下登録枠での獲得に向けて交渉に入っている。台湾国立体育学院大の左腕・頼鴻誠投手(21)も育成枠として高く評価していたが、最終的に王、鄭の2人に絞り込んだ

    ▽ 鄭文豪
      178cm87kg 右左 MAX148km カーブ・チェンジ

 検索で調べてみたものの出てくるサイトの多くは台湾語、良く分からず情報少ないですが

  ・中学時代にはすでに143キロ、高1時点で148キロ、150キロ超を目指す
  ・まっすぐ以外を磨きたい
  ・ただ速いだけではない松坂大輔が目標
  ・MLB球団も狙っていた投手

 といった感じでした。7回14奪三振といった快投を見せたこともあったようです。
 写真からしてもガッチリした体格、グラブを抱え込まず荒削りなフォームの速球派でしょうかね。
 18歳と若くこれからプロの指導でグッと伸びることもありそうです。
 素材重視の獲得が続き育成環境の整備も急務ですね。
 テストで最速145キロを記録の21歳左腕、頼鴻誠の獲得見送りは残念。
 実力不足だったのか条件面で折り合いがつかなかったのか。

 尾花さんが投手の守備力の低さに目を付け反復練習でフィールディング強化を目指すとのこと。
 シーズン中から気になっていた部分をサクッと指摘してもらえると期待感高まりますね。
 投手陣については「平均点以上の投手がまあまあいる」、山口の素材を一級品と評価。
 寺原には15勝を期待、吉見を再生、とくすぶっていた好素質に目が向いたようで彼らが開花、
 ローテを守り二桁勝てるようだとだいぶ楽な戦いが出来ますね。
 ファンから見てもそれが可能な二人ではあり期待したいところです。

コメント
この記事へのコメント
過去50件超のコメントを削除されているにもかかわらずマルチHNを使い同様の内容のコメントを繰り返し投稿となれば荒らし行為と認定せざるを得ません。
非常に迷惑しておりますので今後の投稿はお止め頂きますようお願い申し上げます。
2009/11/29(日) 22:31 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
誰が監督やっても新人王とれない糞球団だから優勝できねえとやくみつる、デニー、巨人松本哲也、太田が言ってたぜ!高校生だけとれよ横浜ベイスターズはよぉ!
2009/11/29(日) 07:49 | URL | Y@10 #-[ 編集]
台湾の至宝を獲得だ。巨人は20日、台湾の黄志龍(ファン・ツーロン)投手(20=国立体育学院)と育成選手契約を結んだと発表した。10月下旬から今月上旬にかけて2軍の練習に参加していた同投手はMAX152キロの剛腕でメジャー数球団も興味を示していた逸材。将来性豊かな右腕は、来シーズン中の支配下登録を目指す。

 メジャーからも注目された“ダイヤの原石”が巨人に加わる。台湾の大学生でもある黄志龍は10月下旬から約1週間、川崎市内のジャイアンツ球場での2軍練習に練習生として参加。ブルペンで投球練習を行った際の直球の球速は140キロ台の前半だったが、伸びのある球質が2軍首脳陣の目に留まった。球団は育成枠での獲得を決めた。

 黄志龍の持ち球はMAX152キロの直球とスライダー、フォーク。右の本格派投手で各世代で台湾代表のメンバーに入り、国際大会の経験も豊富だ。9月のW杯(欧州)では4試合に登板し1勝2敗も、同16日の日本戦(サンマリノ)に先発し延長10回を4安打1失点(自責0)で勝利投手になった。同じ台湾出身でメジャーの舞台で活躍しているヤンキース・王建民(29)のようにスケールの大きな投手に成長する可能性を秘めている。

 昨年4月には米ロサンゼルスで複数のメジャー関係者の前で投球を披露。メジャー球団も興味を示した逸材が巨人入りを決断した理由は、充実した育成システムだ。現在、チームには林イーハウ(18)と李 イーフォンの10代の台湾人2投手が育成選手として在籍。年々球威は増しており、けん制、クイックなど細かい技術も上達している。黄志龍は10月下旬に来日していた際に「(台湾出身の)2人がいることは心強い。巨人の環境や練習メニューも素晴らしい」と周囲に語っていた。

 巨人は山口、松本ら育成枠出身の選手が新人王を獲得するなど1軍の主力に成長しているが、外国人の育成にも力を入れている。今季6勝を挙げたオビスポはその象徴的な存在だ。また、球団は今季から米国に2人のスカウトを常駐させ、ここ数年は育成コーチらが台湾、ドミニカ共和国などに頻繁に足を運んでいる。充実した育成システムと世界戦略が、台湾の剛腕獲得につながったといえる。

 今季、チームはリーグ3連覇と日本一を奪回。原監督は「来季に向けチームは進化していく」と語っており、V4へ向けた補強を着々と進めている。来季、黄志龍が“新戦力”として、早い段階で支配下登録される可能性も十分ある。

 ◆黄 志龍(ファン・ツーロン)1989年2月22日、台湾台東県出身の20歳。台北県穀保家商高―国立体育学院。中学生時代から台湾代表入りし06年には第22回AAA世界選手権に出場。韓国戦では金広鉉と投げ合い0―1で敗れた。今年9月のW杯では日本戦で勝利を挙げた。台湾では「速球王子」の異名を持つ。1メートル77、75キロ。右投げ右打ち。
2009/11/20(金) 13:58 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2009-11-18|外国人情報 | コメント(3) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/279-63c48bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック