最速154キロ、守護神クリス・ブートチェック獲得へ

ここでは、「最速154キロ、守護神クリス・ブートチェック獲得へ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ 大リーグ右腕ら3外国人を獲得へ/ベイスターズ(カナロコ) 09/11/21

 横浜は来季の新外国人選手に、米大リーグのパイレーツに在籍するクリス・ブートチェック投手(31)=190センチ、90キロ、右投げ右打ち=、台湾プロ野球の統一セブンイレブン・ライオンズのホセ・カスティーヨ内野手(28)=185センチ、99キロ、右投げ右打ち=、日本ハムのターメル・スレッジ外野手(32)=183センチ、85キロ、左投げ左打ち=の3選手の獲得交渉に乗り出したことが20日、分かった。抑えとして期待されるブートチェックはパイレーツなどの6シーズンで90試合3勝7敗、防御率6・54を残した。角度のある最速154キロの速球を投げ、三振も奪える適任者。ベネズエラ出身のカスティーヨは2004年から08年までパイレーツ、アストロズなどに所属し、09年に台湾球界入り。大リーグ時代は通算5シーズンで592試合に出場し打率2割5分4厘、39本塁打を記録。特に華麗な守備に定評があり、本職は二塁だが、内野ならどこでも守れる万能選手。5試合連続本塁打をマークした意外性のある打撃と台湾でアジアの野球に触れ、日本球界にも適合しやすい。日本ハム2年目のスレッジは、今季は117試合で打率2割6分6厘、27本塁打を記録。クライマックス・シリーズ第2ステージの楽天戦でサヨナラ満塁本塁打、3点本塁打などでシリーズ最優秀選手に輝いた。球団は現在、ブートチェック、カスティーヨ両選手とは交渉の最終段階を迎えており、出来高などの条件面を詰めている状況。スレッジは日本ハムとの来季の契約交渉が難航しており、更新しない場合に名乗りを上げる。
▽ クリス・ブートチェック(Chris Bootcheck)
   
190cm90kg 右右 MAX154km












 ■ メジャー成績
     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   03年: 4 0勝1敗   10.1  16  7  6  11  9.58
   05年: 5 0勝1敗1S  18.2  19  8  5  7  3.38
   06年: 7 0勝1敗   10.1  16  7  9  12 10.45
   07年: 51 3勝3敗   77.1  81  56  32  41  4.77
   08年: 10 0勝1敗    16  30  14  12  18 10.12
   09年: 13 0勝0敗   14.2  16  13  10  18 11.05
   通算: 90 3勝7敗1S 147.1 178 105  74 107  6.54
          被安打率10.87 奪三振率6.41 四死球率4.52 

 ■ マイナー成績
      試合  勝敗    回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   01年: 15  8勝4敗     87  84  86  23  38  3.93 A
       6  3勝3敗    36.1  39  22  11  22  5.45 AA
   02年: 19  8勝7敗    116 130  90  35  62  4.81 AA
       9  4勝3敗     58  64  38  16  25  3.88 AAA
   03年: 28  8勝9敗   171.1 194  82  44  81  4.25 AAA  
   04年: 28 11勝9敗   163.1 202 105  62  93  5.12 AAA
   05年: 21  7勝4敗   116.1 144  90  50  70  5.42 AAA
   06年: 40  4勝3敗1S   65.2  84  43  34  49  6.72 AAA
   08年:  6  1勝0敗    9.2  9  10  6  5  4.66 A
       19  0勝0敗1S   28.1  29  34  17  9  2.86 AAA
   09年: 40  3勝2敗20S  42.2  40  55  8  16  3.38 AAA
   通算: 185 37勝30敗22S 645.2 757 447 231 343  4.78(3A) 
            被安打率10.55 奪三振率6.23 四死球率3.22

 ■ 09年成績  
      試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   Minor: 40 3勝2敗20S 42.2  40  55  8  16  3.38 AAA
          被安打率8.44 奪三振率11.60 四死球率1.69
   Major: 13 0勝0敗   14.2  16  13  10  18 11.05
           被安打率9.82 奪三振率7.98 四死球率6.14

 2000年にドラフト1巡目でエンゼルスに入団。
 06年にリリーフに転向すると翌年メジャーで中継ぎとして51試合登板、77.1回を投げ3勝3敗
 防4.77、自身キャリアハイとなる成績を残す。
 
 動画を見る限り90マイル中盤、150キロは出ているようで勢いのある直球を投げますね。
 08年に故障というのが若干気になるところですが。
 変化球はスライダー、カーブにあとはフォーク? 
 被安打率が高いのは変化球・制球精度がさほど高いわけではなく直球を狙われて、といった
 感じでしょうか。
 昨年は3Aで20セーブを挙げ守護神として復活。
 防御率、被安打率はいまいちですが四死球率1.69と制球力が向上しているようですね。
 奪三振率も11.60、メジャーでも7.98となかなかの数字。

 リリーフ投手としてはランナーを出してからの投球に不安がありそうです。
 昨年のメジャー実績でランナー無しの場合の被打率.179に対して走者ありだと.393と4割近くまで
 跳ね上がってしまう。満塁ともなると8打数6安打で被打率.750。

 勝負どころで自信を持って投げ込める変化球があるのか、メンタルはどうか。
 球速はあっても活躍できなかった外国人守護神の二の轍を踏まないためにも気になる所ですが
 まだ31歳とこれからの成長も期待できそうで楽しみですね。
 
コメント
この記事へのコメント
確実に戦力が上がる実感を持てるという意味では今年の補強の中で一番かもしれないですね。
どうやら好不調のある選手のようで勢いに乗っているときには打撃も面白そうです。

藤井は何でしょうね。事情が分からないのでなんともコメントが難しいですが実績ある選手のこういった状況は寂しさも感じます。
2009/11/22(日) 22:13 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
ホワイトサイド、ヒューズ…横浜ファンの多くが感じているであろう嫌な予感を是非裏切ってもらいたいですね。正直成績的には四死球率4.68と荒れている一方で奪三振率12.96という図抜けた数字を叩き出していたクルーンよりはヒューズあたりと近い気がしてしまいます。

カスティーヨ、いいですね。抜けたと思った当たりに追いついてしまい更にはアウトにしてしまう。惚れます。
2009/11/22(日) 22:07 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
こんばんは。
横浜フロントの投手への目利きに関しては正直依然不信感ありますね。
ランドルフを引き当てたことで風向きが変わっていれば良いのですが。
しかし新外国人選手にも思った以上の資金投入をしている印象です。
2009/11/22(日) 22:06 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
ブートチェックにしてもカスティーヨにしても情報、動画がそれなりに多く有名選手なんでしょうね。
特にカスティーヨはyoutubeに上げられている動画もチェックしきれないほどで相当人気なんだろうと感じます。
きっと彼のプレーを以前から見てきた方にとっては一層おいしい補強と感じるんでしょうね。
にしても強肩、守備力は動画を見るだけでも明らかでテンション上がります。
2009/11/22(日) 22:02 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
リリーフで使うとなると球種は少なくても良いとして決め球として使える球を持っているのかどうかですね。
今年の成績でそこそこ奪三振率が高いのでそのあたり期待したいとは思います。
2009/11/22(日) 21:53 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
内野守備に不安を抱えながら阪神藤本に全く動く気配がないと思ったら、水面下で守備に定評のある選手に動いていたのですね。
守備はメジャーや日本にかかわらず外れがないので打撃が売りの選手より無難に期待できます。

藤井は貴重な左腕なのにどこも手を挙げない状況を考えると、成績や能力ではなくそれ以外の所に原因があるのでしょうね。
先発出来る左腕は欲しいですが、ゲームみたいに数値だけじゃないので見送りでも支持します。
2009/11/22(日) 09:05 | URL | ベベスターズ #YG9ONXHE[ 編集]
カスティーヨの守備にテンションあがりました。
なんといってもあの肩の強さですよ。
打つ方はそこそこな感じですが、こればかりは実際にやってみないとわからないですしなんともいえません。
というかこの明るい性格が一番のお気に入り。

一方ブートチェックはなんだか微妙な感じがしないでもないです。蓋をあけてみれば「ホワイトサイド」ってことにならない事を願っております(笑)
2009/11/22(日) 08:51 | URL | 負け大洋 #-[ 編集]
こんばんは。
やっと新外国人情報が出てきましたね。
ブートチェックという投手の数字だけ見ると、ランドルフよりいくらかましな制球力で、いくらか球も速いが、メジャー実績は多少劣り、いくらか若いというところでしょうか。
そこそこの線は確実に期待できるシコースキーで堅く行った方がいいように思うなあ。
2009/11/22(日) 02:14 | URL | B蔵 #-[ 編集]
管理人さん、ブートチェックのデータを紹介していただいてありがとうございます。たいへん詳しく、わかりやすいです。
記事内に上げられている画像(ですかね?)が私のPCからはなぜか見られず、別途YouTubeで確認してみました。長身から投げ下ろす直球は球威もありそうですが、いずれもケガする以前の映像ばかり。上半身主導の投げ方と合わせて、やっぱり少し不安が残りますね。ただこういう故障歴でもないと、素質のあるメジャー投手を適度な金額で引っ張ってくるのは難しいんだろうとも思います。

一方のカスティーヨの獲得情報には相当驚きました。こちらもパイレーツで台頭していた有望株、何で台湾にいたんだろ?真剣にわからないです。打撃はパワーと粗さが目立ち確実性は低いですが、守備は本当に天才的ですよ。YouTubeに「卡斯提」と入れて検索してもらえば映像がかなり出てきます。藤田と組めば球界一の二遊間だって全然夢じゃないですよ。
2009/11/21(土) 23:50 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
藤井はどこの球団も動かないみたいですね。取りに行ってもいいと思いますが。ブートチェックは抑えにこだわらずアッチソンやファルケンボーグみたいに中継ぎで使うのもいいかもしれませんね。
2009/11/21(土) 20:31 | URL | ベイモ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:--------|スポンサー広告 | Page Top↑
最終更新日:2009-11-21|外国人情報 | コメント(10) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/280-da0fc24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。