法大・加賀美を上位候補にリストアップ

ここでは、「法大・加賀美を上位候補にリストアップ」 に関する記事を紹介しています。

 ■ 法大・加賀美に熱視線 今秋ドラフト候補にリストアップ(中日スポーツ) 10/1/4

 横浜が今秋ドラフト上位候補として法政大の加賀美希昇(きしょう)投手(21)をリストアップしていることが3日、分かった。加賀美は地元・桐蔭学園出身。185センチと長身で同校時に捕手から投手に本格転向。2年秋に主戦となり、3年夏には県大会ベスト4まで進出した。法大進学後は2年秋にリーグ最多の78奪三振。小松(広島)、二神(阪神)ら上級生の好投手らの背中を追いながら急成長を遂げてきた。MAX150キロの直球と、落差の大きなカーブで高い奪三振率を誇り、昨秋は早大戦で斎藤佑と投げ合って2安打完封勝利。3年秋まで6大学リーグ通算8勝をマークした。横浜は加地新社長の就任後、地元密着志向を強めており、うってつけの存在と言える。球団関係者は「大型だが、バランスが良い。野手出身だけにフィールディングもセンスを感じる」と評価。斎藤佑、大石の早大コンビら特に投手について大豊作と言われる来秋ドラフト。ハマは地元の豪腕に熱視線を送っていく。

 加賀美 希昇(法大)
  185cm83kg 右右 MAX150km カーブ・スライダー・チェンジ 桐蔭学園
  力ある直球とスライダー、大きな縦のカーブの緩急。2年秋67.1回を投げ防1.20、78奪三振。

 神奈川では高校時代から注目されていた投手ではありましたが進学後予想以上に
 伸びてくれましたね。
 昨年は故障の影響もあり春秋で61回、打たせて取る投球を心がけたとのことで奪三振数も
 46個どまり。67.1回を投げ78奪三振、奪三振率10.43を誇った2年秋の投球と比べるとやや
 物足りない印象でした。
 2年秋の気迫あふれる投球は印象に強く今年の活躍次第では多くの球団から上位候補と
 されそうです。

 野手出身の大型投手ながらバランス良く制球にもまとまりがあるところが長所ですね。
 長い腕で球持ちが良く低めにも伸びる直球を放ってくる。縦の変化球との緩急。
 高校2年で投手転向と肩の使いべりが少なく先発投手としての資質にさらに磨きをかけて
 もらいたいところ。

コメント
この記事へのコメント
今年は澤村というスピードガン表示が随分景気良く出る投手がいるので球速的には見劣りしますが角度、伸びのある直球で質が良いように感じます。
制球、緩急もあって先発候補としてはなかなか楽しみかなと。
2010/01/08(金) 22:20 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
加賀美はまだ見たことはありませんが、MAX150キロは魅力的ですね。

一二三といい加賀美といい、今年も地元密着と大型選手をキーワードに新人発掘に尽力するのかもしれませんね。
2010/01/08(金) 10:42 | URL | ☆琉濱☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2010-01-06|横浜ドラフト2010 | コメント(2) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/287-c8abf092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック