神奈川の逸材/2010年ドラフト

ここでは、「神奈川の逸材/2010年ドラフト」 に関する記事を紹介しています。

地元密着のドラフト戦略を掲げている横浜ベイスターズ。
こちらでは主な地元神奈川出身ドラフト候補のプロフィールを掲載していきます。

  高校生

 ■ 投 手

一二三 慎太(東海大相模:神奈川)
  185cm84kg 右右 MAX149km カーブ・スライダー・フォーク・チェンジ・シンカー
  恵まれた体格から投げ込む最速149㌔、球威ある直球を武器とする本格派右腕。上位候補。
石垣 永悟(桐蔭学園:神奈川)  動画
  183cm73kg 右右 MAX139km スライダー・チェンジ・カーブ
  切れの良い直球とスライダー。右肩痛で出遅れたが関東1回戦では水戸桜ノ牧を3安打完封。
中野 ジャスティン(向上高:神奈川)  動画
  179cm64kg 右右 MAX140km カーブ・スライダー
  勢いある直球を投げ込む本格派。2年秋エースとして県4強。米国人とのハーフ。
森 大樹(桐光学園:神奈川)
  180cm69kg 右左 MAX137km カーブ・スライダー
  細身長身の投手体型。伸びのある直球と落差の大きい縦のカーブ。制球良く安定感。
明 大貴(慶応高:神奈川)
  175cm72kg 右右 MAX140km カーブ・スライダー・スプリット
  140㌔を投げる1年生。神宮大会で光星学院相手に3安打2失点完投勝利。
今岡 一平(横浜隼人:神奈川)
  173cm68kg 右右 MAX141km チェンジ・シンカー
  2年夏7試合47.2回、685球の熱投で横浜、桐光、桐蔭撃破。笑顔がトレードマーク。

 ■ 内野手

大石 竜太(横浜高:神奈川)
  174cm66kg 右両 遊撃手 遠投100m超 50m6秒2
  1年生で遊撃レギュラー。俊足強肩巧打の三拍子揃ったスイッチヒッター。
石川 賢太郎(桐光学園:神奈川)
  176cm72kg 右左 遊撃手 
  走攻守三拍子揃い中学時代から有名。世界ユース野球大会では1番打者として盗塁王。

 大学生

 ■ 投 手

加賀美 希昇(法大)
  185cm83kg 右右 MAX150km カーブ・スライダー・チェンジ 桐蔭学園
  力ある直球とスライダー、大きな縦のカーブの緩急。2年秋67.1回を投げ防1.20、78奪三振。
西嶋 一記(明大)
  186cm86kg 左左 MAX143km カーブ・スライダー・シュート・ナックル 横浜高
  常時130㌔台中盤から後半の直球と大きなカーブ、スライダー。3年秋リーグ1位の防1.13。
川角 謙(青学大)
  186cm84kg 左左 MAX145km カーブ・スライダー・スクリュー・シンカー 横浜高
  切れの良い直球とスライダー、スクリュー。06年選抜優勝投手。大学では通算2勝と伸び悩み。
高山 亮太(東海大)
  173cm70kg 左左 MAX138km スライダー・カーブ・スクリュー 東海大相模
  安定した制球力の技巧派左腕。3年春秋72.2回で7勝無敗、防0.50。3年春MVP。
木村 佳吾(神奈川大)
  187cm70kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク・カット 九国大付 
  130㌔台後半の直球と多彩な変化球。安定感ある長身右腕。3年秋リーグ1位の防0.46。
鈴木 孝幸(関東学院大)
  186cm78kg 右右 常盤大
  浮かび上がる130㌔台の直球には威力。長身サブマリン投手。
松本 翔(関東学院大)
  175cm75kg 右右 カーブ・スライダー 室戸
  癖のないフォームから投げ込む常時140㌔前後、伸びのある直球を武器に気合の投球。

 ■ 捕 手

唐谷 良磨(桐蔭横浜大)
  176cm70kg 右右 東亜学園
  3年春打率.462で首位打者。好リードで創部4年目初優勝に導く。正確な二塁送球も持ち味。

 ■ 内野手

原 寛信(早大)
  184cm84kg 右右 一塁手 遠投105m 50m6秒3  桐蔭学園
  1年春開幕戦で3ラン5打点デビュー。長打魅力の大型内野手。六大学通算8本塁打。

 ■ 外野手

秋山 翔吾(八戸大)
  183cm78kg 右左 遠投110m 50m5秒9 横浜創学館
  走攻守のバランスが取れた好選手。広角に打ち分ける中距離打者。
伊志嶺 翔大(東海大)
  178cm75kg 右右 沖縄尚学
  俊足強肩強打、身体能力の高い外野手。2年で大学日本代表入り。
山口 尚記(慶大) 
  170cm68kg 右右 遠投100m 50m6秒0 慶應義塾  
  小柄だがリスト強く一発長打を秘める。リーグ通算5本塁打。俊足の外野手。
越前 一樹(立正大)
  180cm76kg 右右 遠投120m 50m6秒1 横浜高
  パンチ力ある打撃と俊足強肩魅力。一部リーグ通算一割台の確実性に課題。
下水流 昂(青学大)
  177cm78kg 右右 遠投110m 50m6秒2 横浜高
  強肩強打の外野手。1年秋に打率.341マーク。2年春3本塁打でベストナイン。

  社会人

 ■ 投手

新垣 勇人(東芝)
  181cm70kg 右右 MAX145km スライダー・チェンジ 国士舘→横浜商大 3年目
  力ある直球とチェンジアップとの緩急。切れの良いスライダー。社会人で球威・制球に磨き。
永棟 一道(新日石ENEOS)
  183cm82kg 左左 MAX139km カーブ・スライダー・チェンジ・フォーク 拓大紅陵 4年目
  体を大きく使い角度ある球を投げ込む長身左腕。選手権準決勝で先発抜擢も白星ならず。
江柄子 裕樹(東芝)
  183cm76kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク つくば秀英→明大 2年目
  4年春リーグ゙戦初登板で147㌔記録。勢いのある140㌔台の直球。潜在能力高い。
小林 敦(七十七銀行)
  178cm80kg 右右 MAX148km カーブ・カット・フォーク 東海大相模東海大 3年目
  最速148㌔の直球を持つ速球派。都市対抗予選決勝でTDK相手に3安打無四球完封。
古澤 翔(日本通運)
  180cm75kg 右右 MAX145km カーブ・スライダー・フォーク 甲府商→城西大 4年目
  140㌔台の直球と縦のカーブ。最終年故障も昨年は日本選手権優秀選手など活躍。
福井 良輔(JFE東日本)
  173cm80kg 左左 MAX141km カーブ・スライダー・シンカー・スクリュー
  横浜高→国際武道大 4年目
  キレの良い直球と多彩な変化球を低め集め安定した投球。都市対抗1回戦3安打完封。
大竹 飛鳥(NTT東日本)
  173cm79kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・スプリット 愛知高→関東学院大 3年目
  最速144㌔の直球とスライダー、スプリット。都市対抗でENEOSを7.2回3安打無失点。
上津原 詳(セガサミー)
  174cm76kg 右右 MAX142km スライダー 東海大相模→青学大 4年目
  制球良く打たせて取る投球。都市対抗予選4試合31.1回自責1でMVP。右サイド。
湯浅 雄仁(三菱重工神戸)
  174cm75kg 右右 MAX145km カーブ・スライダー・シュート・シンカー 明徳義塾→横浜商大 3年目
  右横手からの最速145㌔、力のある直球が武器。大学3年春リーグ1位の防0.59。

 ■ 捕 手

石岡 諒哉(新日石ENEOS) 
  176cm78kg 右右 常葉菊川 遠投119m 3年目
  田中(現横浜)を好リードで支え選抜優勝、夏4強。遠投119mの強肩で安定したスローイング。

 ■ 内野手

白井 史弥(新日石ENEOS)
  178cm80kg 右右 二塁手 横浜高 4年目
  高卒3年目で1番セカンドに定着。06年打率.458の核弾頭として選抜優勝に貢献。
磯部 泰(新日石ENEOS)
  182cm83kg 右右 一塁・三塁 修徳 4年目
  2年目秋から4番定着。スポニチ大会2本塁打で優秀選手。怪我で都市対抗予選出場なし。

 ■ 外野手

井領 雅貴(新日石ENEOS)
  174cm78kg 右左 遠投110m 50m6秒2 桐蔭学園 3年目
  鋭いスイングで強い打球を放つ。抜群の強肩が光る。高卒1年目春から起用されるセンス。
川端 崇義(JR東日本)  
  176cm80kg 右右 東海大相模→国際武道大 4年目
  走攻守三拍子、パンチ力魅力。日本選手権優秀選手、社会人ベストナイン。
松井 崇純(三菱重工横浜)
  178cm74kg 右左 崇徳→別府大 3年目
  都市対抗予選打率.476、出塁率.607マーク。俊足巧打の1番。大学時代からプロ注目。
前田 将希(新日石ENEOS)
  163cm60kg 右左 遠投100m 50m5秒8 早実→早大 4年目
  足のスペシャリスト。現状打力不足は否めないが少ない出塁数で二桁の盗塁数。
荒波 翔(トヨタ自動車)
  178cm72kg 右左 遠投110m 50m5秒9 横浜高東海大 3年目
  度重なる故障に泣いたが身体能力高く守備走塁はプロ級。日本選手権で打率6割超。
野村 慶太(JR東海)
  178cm77kg 右左 平塚学園→創価大 5年目
  大学2年秋、四死球多く出塁率.683盗塁王。鋭いスイングと俊足魅力。核弾頭候補。

 
コメント
この記事へのコメント
♪ 真っ向鯨 さん
興南はチームとしての総合力が素晴らしかったですね。
一二三は本当に良くここまで来たなと。
神奈川大会初戦からいつ打ち込まれるかと不安に感じつつ見ていましたがいつの間にやら甲子園決勝でした。サイド投手としても面白いんじゃないかと感じ始めた今日この頃です。

館山も日大藤沢出身でしたね。
当時横浜に入団してくれないかと期待していた投手です。
本人も横浜志望とかいう話があったような。記憶違いかもしれないですが。
2010/08/21(土) 22:55 | URL | gogo126 #6JGLGEVw[ 編集]
興南の春夏連覇達成、という幕切れでしたね。島袋の投球はさすがでした。おめでとうございます。
一二三も負けじと踏ん張ってよく投げていましたが、やはり3日連続の登板で体力をかなり消耗していたんでしょうね。腕の振りが非常に鈍く、ボールもシュート回転して打ちごろのコースに入っていました。
でも今日に関しては、興南・東海大相模ともに「本当にお疲れさまでした」と言いたいですね。得点差のついた試合でしたが、チームの実力としては拮抗していたと思います。

大前、野手転向が遅いにも関わらず周囲の期待値は高いみたいですね。JR東日本は体育会系チームで、練習がかなり厳しいと聞いたことがあるので、徹底的に鍛えて活躍してほしいものです。
泉はおっしゃるとおり、神奈川出身(瀬谷シニアだったかな?)です。気づいていただいてありがとうございます。スレテーマをちょっとだけ意識したネタ振りでした(笑)。
2001年のドラフト4巡目でヤクルト入団、館山昌平の次の指名でしたね。
2010/08/21(土) 20:54 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
実のところ大前は脚力がもうひとつ残念ということで思い出してしまったんですがサンデー毎日増刊・都市対抗によると「しなやかなフォームに将来性を感じさせる」だそうですよ。
明日の決勝はどちらを応援するか若干迷うところですね。
東海大相模久しぶりの夏出場で一気の頂点、興南の春夏連覇、どちらも盛り上がりそうです。
疲れもピークでしょうが僅差のいいゲームになるといいですね。
宇都宮学園・泉、確か神奈川出身でしたよね。故障で能力を発揮しきれず残念でした。
2010/08/21(土) 00:46 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
大前の野手転向、そう言えば聞いたことがありました。高校時代から見ていても、私は大前の打撃センスを良いと感じたことがなかったので、彼が社会人チームで中軸を打つとは驚きです。
確か、大前は早大卒業直前のリーグ戦で代打起用されていた時があって、思わず私は「投手に頼らなあかんほど、早稲田は代打がおらんのか」と應武監督の采配にケチをつけてましたが(笑)、前言撤回です。恐れ入りました。

島袋と一二三の対決、実現しましたね。今年の夏がこういう形でフィナーレを迎えるのは、本当に楽しみです。
一方で、地元の報徳学園が負けたのはやはり残念です。3年生エースと1年生好投手の継投を見ていると、かつての宇都宮学園(阿久津ー泉)や東洋大姫路(畑山ーアン)を懐かしく思い出したりもしましたが。
2010/08/20(金) 23:22 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
投手から野手に転向ということではJR東日本に進んだ大前は社会人1年目から活躍しているようです。以前公式ページを何となく確認したところ中軸を打っていて驚きました。都市対抗予選はいまいちだったようですが。
そういえば八木も斎藤佑樹に憧れてなんだそうですよ。

先田ですか。これまた今度確認してみます。遊学館・谷口、攻守にセンスを感じさせるいい選手でした。
島袋×一二三、見たいですね。
で、最終的には頑張れ神奈川!ということでこの記事ともマッチでしょう(笑)
2010/08/19(木) 23:49 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
小野田はやはり早大進学でしたか。教えていただいてありがとうございます。そりゃまぁ、当然ではありますね。
北海道・旭川出身の小野田が早実へ進んだのは確か、斎藤佑樹に憧れてというのがその理由だったと思います。入れ違いになってしまいますけど、斎藤の後を追うのは彼にとって意味のあることなんでしょう。
小野田の足、遅くはありませんが取り立てて速いという訳でもなかったですね。大学でスポーツ科学を研究することで、俊足に変身する可能性もあるかな?松本啓二朗のように。

北川(明徳義塾)は確かに好打者ですね。左対左にも関わらず、島袋の球を綺麗に打ち返して。でも個人的には、北川のすぐ後ろを打つ5番・先田の方に興味を持ちました。こちらも2年生なので、新チームの攻撃陣はこの2人が担うことになりますね。
あと印象的なのは、小野瀬・萩谷(水城)と谷口(遊学館)の1年生トリオでしょうか。思い切りの良い、奔放なプレーは観戦していて非常に好ましかったです。今後が楽しみ。

誠に勝手ながら、決勝では島袋と一二三の投げ合いを見てみたいなぁ~(笑)。
2010/08/19(木) 21:48 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
春の優勝校を東北勢が仙台育英、聖光学院の2校がかりで倒す流れかと思いましたが見事ひっくり返しましたね。思えば歳内も経験浅いながら本当に頑張りました。この経験を来年に生かしてもらいたいです。

島袋、中川は打席に立ってみないと本当の良さは分からない投手かもしれないですね。
中川は高めのライズボールも威力を発揮していて。

小野田は足の速さはどうなんでしょう。まだ本人投手に未練も残るようですが足も速いようであれば今後評価を高めてくるかもしれないですね。進路は早大進学予定とデイリーにありました。
http://www.daily.co.jp/hsbaseball/2010/08/18/0003329975.shtml

打者だと心に残ったのは意外な線で一二三ですかね(笑)
予選から伸び伸び強打を発揮しています。
明徳義塾の2年生、北川も島袋からの2安打が印象的、これからの成長が楽しみに感じました。
2010/08/19(木) 00:38 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
お気遣いいただいて、ありがとうございます。では遠慮なく。
今夏の私の甲子園行きは、昨日でおしまいです。変な日焼けもしちゃいましたし(笑)、そろそろ潮時かなと。
これからは、TVでゆっくり観戦させていただきます。

成田と興南、勝ち上がりましたね。
猛暑の中で疲れもピーク、こういう状況で2日連続の試合は相当厳しいはずですが。…でもよく考えたら、明日登場する4校は仮に決勝まで残ったとすると、3日連続の試合になるのか…。う~ん、やっぱりそっちの方がきついかな?
興南は、沖縄予選初戦から昨日の仙台育英戦まで、相手にリードを許したことが一度もなかったようですが、さすがに今日で途切れてしまいました。それでも焦ることなく試合をひっくり返せるのは、やはりチームに力のある証拠ですね。春夏連覇、ちょっとずつ見えてきた感じ。
中川(成田)の投球は、強打のチームほど手を焼くんでしょうかね。彼が甲子園で破ってきたチーム(智弁和歌山、八戸工大一、北大津、関東一)の顔ぶれを見ると、何かそんな気がしました。

昨日敗退してしまいましたが、個人的に小野田(早稲田実)の打撃がかなり好きです。昨年のセンバツでもセンスを感じましたが、あれから相当成長していますね。緩急の攻めにも全く動じず、自分のポイントに呼び込める打撃フォームなので、現状でプロ入りしたとしてもそれほど苦労はしないんじゃないかなぁ、と。私としては、今回甲子園に登場した全打者の中ではベスト3に入る選手です。
タイプ的にはスラッガーではなく、外野を抜いて二・三塁打を量産するタイプかな。パワーがつけばまた違ってきますが。まぁ高校が高校ですから基本的に進学するんでしょうけど、気にはなっています。
2010/08/18(水) 22:10 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
中川も「毎日が決勝戦のようだ」と相当に疲れを感じているようですが頑張ってますね。
高校野球の外に広いストライクゾーンをしっかり生かした投球に見えます。
そのスライダーをストライクコールされてしまっては流石に打者がかわいそう、と感じることもたまにありますが(^^;
宮下は打撃では若干空回り気味でしたが守備が良かったですね。
強肩でもあることが分かりました。
島袋はテレビ解説によると試合中でも課題を見つけ修正できるんだそうです。
トルネード歴も長いようで自分の中でポイントがあるんでしょうね。
173cmと恵まれてはいない体格で97.2回114Kはたいしたものです。
八木投手は持ち味のひとつという制球がいまいちでしたが直球主体に勝負してくる姿勢は買いですね。

テーマについては全然気にされなくても大丈夫ですよ。
こちらが甲子園についての記事作成をサボっているという弱味?があるので(^^;
2010/08/18(水) 19:44 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
まず最初に宮下外野手の件、たいへん失礼しました。
管理人さんのご指摘が全面的に正しいです。言われて初めて気づく始末、私の記憶力もたいしたことないなぁ(笑)。

今日も朝から行ってきましたよー。7時の開門早々に球場内に入り、第4試合が終わったのが午後8時。合計13時間もいるとさすがに疲れて頭が痛いです。でも明日は仕事だったりして、さらに頭が痛いところです(笑)。
ま、戯言はこの程度にして。
中川(成田)は、きっと玄人受けしそうな好投手ですね。球速は135km前後が多かったですが、試合序盤で直球を狙われ失点したのを途中で修正、スライダー中心の組み立てに変えて試合の流れを自ら引き戻すあたり、只者ではないですね。
最終回にこの日最速の140kmをマーク、また8回までの球数がちょうど100だったことを合わせて考えると、連戦日程の中で疲労をためない+余力を残すための工夫をしていたんじゃないかなぁ。もしそうだったら、とても大人な投手ですね。
宮下(関東一)、今日は徹底的に弱点を攻められていました。これでもかとばかりにインハイの連続。宮下も高めのボール球に手を出しまくって三振したり、死球もあってちょっと不本意な出来だったかも。長距離砲としてグリグリマークされると、やはり攻め方の水準は上がりますね。高卒ルーキーの頃の清原みたいに。
中1日先発だった田中(仙台育英)は相当疲れてましたよ。初戦の投球と比べると球速・球威ともにはっきり落ちて精彩を欠き、まるで別人。今日はコーナーを細かくついた投球が、なかなかストライクに取ってもらえずカウントを不利にしたのも田中には不運でした。佐藤由規(ヤクルト)に似た、左足を軸足の後ろに振って一気に前へ踏み出す力強い投球フォーム、もうすこし見ていたかったですが。
その分、木村(仙台育英)が良かったです。1・2戦を見た限りではちーっとも良いとは思わなかったんですが(笑)、今日の投球で見直しました。球速帯は132~137km程度でしたが、打ち込まれた田中の後を受けて気合いが入っていたんでしょう。強い気持ちの乗った球をビシビシ投げ込み、相手打者を圧倒していました。
一方、島袋(興南)も中1日先発でちょっと疲労を感じる投球内容。球の切れはありましたが高めに浮く球も時々見受けられ、7回表には制球も不安定になりピンチを招きかけました。でも、そういう場面でもロージンをほとんど触ろうとしない島袋、彼なりのこだわりがあるんでしょうね。他の投手ならこういう時、やたらとロージンに頼りそうなものですが。

最後にブルペンです。
1年生右腕の八木(早稲田実)。前述の田中同様、左足が後ろに入るフォームの投手。ブルペンでは球筋に角度があり、しかもオールローボールだったので「へぇ~」と感心してました。その後、リリーフで登板するとやはり緊張したのか、ちょっと違う投手になってしまいましたが(笑)。6回~7回途中のマウンドに立っていますので、よろしければご確認を。
ちなみに彼は大沢中出身なので、当スレの“神奈川の逸材”テーマには沿ってますかね?無理やりですが(笑)。
2010/08/17(火) 22:51 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
宮下は打球が伸びますね。
ちなみに宮下「正彦」外野手と報道されていましたよ。
ほとんど知らない選手ですが46歳の若さで亡くなられたようです。
そういえば高木豊さんの息子さんはサッカー選手として活躍しているようですね。
ニュースを見て驚いた記憶があります。
今、仙台育英×興南が始まったところですが先発田中、若干疲れが見える立ち上がりでしょうか。
2010/08/17(火) 18:02 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
お褒めの言葉、どうもありがとうございます(笑)。
そうですよ~、最近の私はどうやら引きが最強みたいなんですよ。何せ、ハーパーの逆転満塁サヨナラHRと、開星vs仙台育英戦をともに生で見ているほどですからね。…でもちょっと、運を使い過ぎかも?

明日は宮下(関東一)にも注目してきます。初戦の佐野日大との試合も見ましたが、その後スポーツ紙で元大洋の外野手・宮下正明(ただあき)氏の息子と知って俄然関心が高まりました。同時に、正明氏が既に故人であることにも衝撃を受けました。まだ若いはずなのに…。

昭和61年のドラフト、大洋は高校生を多く獲得する一方で入団拒否もあり、結果的に即戦力と言える選手は4位指名の大野雄次とドラフト外の宮下正明だけでした。小柄で俊足の左打者、プロ入り初ヒットが3塁打だったことを覚えています。
そう言えば、昨夏の神奈川代表だった横浜隼人の4番・一塁手は、大野雄次の息子でしたね。当時2年生だったから、宮下と大野は同い年になるはず。
縁というか、不思議な共通点がありますね。
2010/08/17(火) 00:39 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
今夏の一二三は投球自体は圧巻ということでもないですが未完成でのこの結果というのが凄いところですね。
比較的点差のつく試合が多い今大会、そんな中で開星×仙台育英、仙台育英×延岡学園は指折りの面白い試合でした。
真っ向鯨さんが行くからそうなるのか、引きが強いのか。
どうやら明日も最後まで目を離せない展開となりそうです(笑)
2010/08/16(月) 23:33 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
今日は一二三(東海大相模)が好投したみたいですね。土岐商相手に1安打ピッチング、ノーヒットノーランすら狙えたほどの上出来とは。
う~ん、彼の初戦を見た者としてはにわかに信じられない情報です。ホントかよ?と(笑)。
またTVでゆっくり確認しときます。

今年ほど、無性に甲子園へ行きたい年はちょっと珍しいです。何でだろう?1・2年生に好選手が多い、というのはあるかも。
ということで(?)、明日も朝から出かけてきます。夏季休暇がものすごい勢いで消えていく…(笑)。
ずっと気になっていた、中川(成田)を最後にぜひ見ておきたいので。明日は東京勢同士の激突あり、近畿の学校も2校登場、さらには興南vs仙台育英などの好カードもあって、一日楽しめそうです。
今大会は何故か、私が観に行くと延岡学園は延長戦、開星は(春夏通じて)悔しい初戦敗退、そして仙台育英はしんどい試合を余儀なくされるという妙なジンクスがあるのです、実は(笑)。迷惑な話?
さて、明日は私にとって仙台育英3試合目、相手は連覇を目指す興南ですから決して楽な試合ではありませんが、どんな展開が待っているでしょうか。
ブルペンで好投手を見つけたら、またレポートさせていただきますね。期待しないでお待ちください(笑)。
2010/08/16(月) 22:02 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
こんばんは。お待ちしておりました。

仙台育英は連続で見ごたえある試合でしたね。
田中投手はイメージとは違い持ち球がかなり多彩。
スライダー、フォーク、スプリット、カーブ、他にもツーシームがあるようです。
気迫あるプレー、笑顔で試合を楽しんでいる様子なのもいい感じです。
九州学院の2年生4番も打席での雰囲気が良かったですね。
興南との試合は田中投手の状態次第でしょうか。
予選で右足けいれんリタイアというのがあって今回も肉体的にはだいぶきつい状態だったようで。

長谷川投手は思いっきり腕を振ると制球に不安があるのかなというのも感じましたね。
セーブしながらも140キロ台がサクッと記録されて潜在能力が高そうです。

砂川投手は選抜で島袋以外に唯一投げた投手ですよね。
そういえばちゃんと確認したことが無いような。
映像は残っていると思うので今度見ておかないと。
2010/08/16(月) 00:19 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
こんばんは。今日も甲子園へ行ってきました。
またまたスレタイとは関係ない話題なんですけど、ご容赦ください。

島袋(興南)は成長しましたね。春のセンバツ優勝投手をつかまえて言う事ではありませんが。
昨夏、今宮(明豊→SB)と投げ合っていた試合を思い出すと持ち前の快速球が終盤まで衰えませんでした。9回にも140km超え連発。また、ここぞというところで決めてくる球がコース・スピードともに本当に素晴らしくて。試合巧者・明徳義塾相手にこういう投球されたら、もう何も言うことはないですよね(笑)。
次の相手は、苦しみながらも劇的な勝利を続ける仙台育英。好勝負になりそうですね。

田中(仙台育英)を甲子園で見るのは2度目。前回はmax147kmのスピードに圧倒されましたが、今日の田中には違った魅力がありました。3回途中から先発・木村をロングリリーフ、延岡学園のイケイケな雰囲気を止めたのは多彩な変化球でしたね。スプリット系の落ちる球を低めに集める組み立てには、田中が持つ引き出しの多さを感じました。
走塁面でも良かったですよ。ライト線にフラフラと飛んだヒットで一塁走者・田中は一気に本塁生還。積極的な走塁が目を引きました。仙台育英は第一歩目のスタートがとてもいいですね。6点目のホームを踏んだ、佐藤貴規のダッシュも素晴らしかったです。

今日のお目当てだった長谷川陽(福井商)。最近の風潮とは違って、腕をゆったりと振ってくるのがいいですね。今日の第一試合ではなぜか球速表示が全然されなかったので具体的な数値はわかりませんが、140km超えも結構あったはず。どっしりした体格から投げ下ろす速球は重そうです。牽制で見せる素早さも良かった。
ただ、直球と変化球で投球フォームが違っていましたね。おそらく報徳もこういうところを突いてきたはず。今後修正してほしい点ですね。

では最後に、ブルペンレポートで締めますね(笑)。
興南の控え左腕投手、砂川。投球時に踏み込む右足の歩幅が大きく、また球を身体の前で放せるタイプだったので、相手打者の体感速度はかなりのもののはず。振った左腕が大きな弧を描き、それを追うように蹴った左足もきれいな弧を描くという、躍動感のあるフォームでした。手足がすごく長く感じたので、175cmという身長がちょっと意外に思えました。
2010/08/15(日) 22:12 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
こんばんは。
大分工・田中は故障明けのようでその影響もあったかもしれないですね。
普段を知らないのであれですが何だか表情が冴えないなと感じました。
かなり期待していたので残念。
仙台育英・田中は力のある球を投げていましたね。147㌔は驚きです。
やはり甲子園には良くも悪くも魔物がいるというか。高校球児にいつも以上の力を発揮させますね。

今日の東海大相模は打線が頑張りましたね。
一二三が力を出し切れるか心配していましたがむしろ水城・大川の方が持ち味のコントロールが良くなかったです。
2010/08/11(水) 21:54 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
こんばんは。予告どおり、本日甲子園へ行ってまいりました。
サヨナラ暴投あり、9回2点ビハインド2死走者無しからの大逆転ありと、なんだかとってもドラマチックな一日でしたよ。では勝手ながら、個人的な印象を。

田中(大分工)はいきなり140km超えを連続マーク、私としても期待が高まりましたが3回くらいから失速、スタミナ面に課題があるのかも。試合途中からは130km中盤の直球と高めに抜けがちな変化球を散らして、何とかしのいでいた感じでした。話題になっていた“太一カーブ”もあまり投げていなかったと思います。楽しみにしてたんですけど。
あとは、大き過ぎる投球フォームが走者を背負ってからもほとんど変わらず、クイックも全然できていないので走者は走り放題。投手としての守備の意識が低いのかな?ちょっと問題ありです。
ただ、打席に立った田中は両膝に余裕のある構えで、グリップの位置を高くしたまましっかり上から叩く形ができていました。こちらはなかなか良かったですよ。

仙台育英では、先発・木村は球威こそありながらも制球のばらつきが大きく、出来は悪かったですね。むしろ、2番手で登板し9回には147kmを連発した、田中の方が印象的でした。佐藤貴もセンスの片鱗を見せる一方で、中途半端な打撃で凡退する姿も。観戦中のオッサンから「兄貴から怒られっぞー!」とヤジられてました(笑)。実は人気者??

ようやくスレタイに沿って、いよいよ一二三(東海大相模)の話題を。
サイドに変えて制球力向上、予選決勝の横浜高校戦では4安打完投と聞いていたので期待してましたが…今日の出来はあまりに微妙でしたねぇ…。スピードは最速143km、全体ではだいたい130km中盤~後半くらいで推移していましたが、球速を抑えてでもコントロール重視の投球なのかな?と思いきや、四死球連発でまぁリズムの悪いこと。今日は8回と2/3を投げた一二三ですが、四死球を与えたのは7回と9回を除く7イニング、しかもそのうち5回は先頭打者を歩かせてるんですよねー。う~む…。
次戦では、何とか修正してほしいところですね。
2010/08/11(水) 20:53 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
小嶋達也投手が快投を見せて勝ちあがった年ですね。
その日の試合チェックに追われている感じですが遊学館の次戦は出来るだけその日に確認しようと思います。
同じく容量確保に必死です(^^;

今年は全体的に下級生が目立つ年かもしれないですね。
1・2年生4番も多いような気がします。
東海大相模・一二三、大分工・田中、福井商・長谷川、興南・島袋あたりが際立った活躍をしてくれると更に盛り上がりそうですね。
省エネ、制球重視で勝てる投球をする高校生も増えていますが派手な奪三振ショーなども見てみたいです。
2010/08/10(火) 21:03 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
遊学館チェックがまだということですが、下級生が面白いですよ。
1年生ながらスタメン遊撃手・谷口は動きが軽快で俊足、大舞台にまったく動じない強心臓。大石竜太(横浜高)が甲子園デビューした頃の姿とダブります。一塁手の小林も1年生でスタメンにはエース・土倉を始め2年生も多く、こういう時の遊学館は手強いかも。創部2年目で旋風を起こした年を思い出しました。
そう言えば、常葉橘の二塁・城戸とリリーフの宮崎も1年生。ちょっと珍しかったですね、これほど1年生が多い日も。
珍しいと言えば、1日で5本も本塁打が飛び交うこともたいがいですかね?

今日の試合はまだ全然見れていません。
HDに一応録画はしているんですが、雨での中断期間が思いのほか長くて、容量確保のための消し込み作業に躍起になっているところです(笑)。
2010/08/09(月) 23:42 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
バレてましたか(^^;
1日目であれば間違いなく英明の松本投手のことを聞いていました(笑)
横江はやはりまだ荒すぎですかね。ノースリーから141キロ、アウトロー直球なんてのもあって力みが抜けるであろう次の登板はもう少しいい投球をしてくれるのではないかと密かに期待しているのですが。
岡本投手は何気に138キロとかも投げているんですよね。面白いです。更には内野手適性ですか。ますます興味湧きます。
遊学館の試合はまだチェックできていないですが右に専念という話もあった水野は左打席にも入っているみたいですね。土倉という2年生投手が好投したようで。
今日は旭川実・成瀬が良かったですね。快速球タイプで好みです。
2010/08/09(月) 22:48 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
横江のこと、何となーく尋ねられる予感がしていましたよ(笑)。
ただ…個人的な感想としては「ちょっと荒削り過ぎるかなぁ?」ですかね。初球にいきなり144kmをマーク、観客からどよめきも起こっていた横江ですが、基本的に球が低めに行かないですね。走者を背負うと腕の振りが変わるし、変化球も勝負できるようなレベルではないので、1イニング限定の起用がお勧めでしょうねぇ、現状だと。
それでも、ズドーンと捕手のミットに突き刺さるような球威は魅力的でしたよ。球質も重そうです。

昨日はブルペンにも注目してたんですが、準備する投手がどんどんマウンドへ上がってしまうので、ブルペンレポートはお休みです。隠し球投手を紹介する、密かな楽しみが…(笑)。
岡本(北大津)は時々アンダースローを見せるなど、なかなか面白い投手でした。
打者を幻惑する、チェンジアップのような意味合いで使っていたんでしょうね。とても効果的でしたが、牛場にホームランを打たれたショックでアンダーを封印してしまわないか、とても心配です(笑)。
それよりも、打球への反応の速さや2打席連続バントヒットを見ていると、岡本には内野手の適性を強く感じますね。
あと余談ですが、スイッチヒッターの水野(遊学館)が左打席に入った時の所作が、後藤(前橋商)にかなり似ている気がしました。タイプ的にも近そうですね。
2010/08/09(月) 22:01 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
いえいえ。
宮国は鍛え上げればいい投手に育ちそうですよね。
とりあえず決勝まで勝ち上がってくれて映像を確認できたことは良かったです。
小谷は内角の球を見事でしたね。
速球派右腕横江の印象はいかがでしたか?

仙台育英・木村は体格にも注目ですよ。
だいぶ締まった印象です。逆に細身だった南陽工の岩本がガッチリしていて驚かされました。
一二三は選抜のことがあるだけにまずは初戦突破でトラウマ払拭といきたいですね。
水城高は初出場ながらなかなか厄介な相手っぽいですが。
県大会決勝で11点取った打線相手にゴロ量産となりますか。
2010/08/09(月) 19:43 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
宮國の映像、どうもありがとうございました。お礼が遅れて申し訳ありません。
低めに伸びる速球とか見てしまうと、ついついドラフトで獲得してほしくなっちゃいますね、宮國。
…私の悪い病気が再発しています(笑)。

今日は一日、甲子園で4試合観戦してきました。
小谷(北大津)の弾丸ホームランや後藤(前橋商)の攻守にわたるスピードなど、見所が多くて満足できました。
個人的にイチ押しの稲角(常葉橘)も、切れのある動きを見せてくれて良かったです。試合には負けちゃったのが残念ですけど。

次は大会5日目にあらためて行くつもりです。他の日よりも1試合少ない日程ですが、何といってもこの日はドラフト候補選手の宝庫ですからね。
内川の後輩・田中(大分工)はスカウトの評価も高いようで、木村・佐藤(仙台育英)も含めて観戦するのが今からとても楽しみです。
また、開星と東海大相模については今春のセンバツで一度見ているので、どう成長しているかも違った意味で楽しみにしています。特に一二三と糸原ですね、やっぱり。
2010/08/08(日) 20:03 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
最近は高校野球、世界選手権と野球漬けで疲れ目状態です。
もちろんベイスターズも(^^; 
山田の調子はイマイチですか。
球威ある左腕となると仙台育英・木村、興南・島袋、新潟明訓・池田あたりですかね。
今年の左腕は技巧派タイプが多い感じですね。
英明の2年生左腕松本が予選で145㌔を出したとかでちょっと楽しみです。制球難らしいですが。
水城・大川などはもう少し球速があるとプロも注目しそうです。

見たかった選手が多く予選で敗退してしまいましたね。
ちなみに沖縄決勝の模様であれば以下のサイトで動画配信されていますよ。
http://www.qab.co.jp/mezase/final.html
2010/08/03(火) 19:57 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
スレのテーマとは違いますが、流れ上こちらに書き込ませていただきます。どうぞご容赦ください(笑)。
最後に全国切符を射止めたのは履正社でしたね。それなりにタレントがそろったチームなので、甲子園出場を楽しみにされていた方もきっと多かったんじゃないでしょうか。
関西ではNHKとABCで放映があったので、昨日はずーっとTVにかじりつきでした。
私も注目していた山田ですが、昨日の決勝は少し精彩を欠いていましたね。大体大浪商・北畑投手の内角速球にほとんど歯が立たず、球威にも力負け。これをヒントに、甲子園では内角を重点的に突かれるのではないでしょうか。例えば、球威のある左腕投手からクロスファイアで攻められると、ちょっとつらいかも?

今年は、ぜひ見たかった選手が予選決勝で負けてしまうケースが多くて、個人的にすごく残念です。宮國(糸満)、江越(長崎海星)、大浴(光星学院)、戸田(樟南)、三ツ俣(修徳)などなど…。
とか何とか言いながらも、ちょくちょく甲子園へ通うことにはなりそう。見たい選手も何人かいますし、また昨年の田代(作新学院)のような、ノーマーク選手の意外な発見にも期待してます。
まずは、組み合わせ抽選が楽しみですね。
2010/08/02(月) 22:53 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
東海大相模は不思議なくらい夏は甲子園と縁がなかったですね。
最近でも菅野を擁した2007年は決勝で桐光学園に8-10、大田が大会新5本塁打を記録した2008年夏は慶応に6-9。で、昨年は5回戦で横浜高に9-12で負けと。
こうしてみると印象的な試合が多いですね。
監督の采配が槍玉にあがったこともありましたっけ。
神奈川の場合レベルが一気に上がる最後の1、2試合を勝ち抜くのは大変です。
一二三のサイド転向は本人が投げやすさを感じているらしいのが良かったですね。

山田は注目というかわずかに動画で見ただけなので大部分妄想です(笑)
決勝進出のようですね。
2010/07/31(土) 14:25 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
神奈川の代表、東海大相模に決まりましたね。
一二三は力みの見られない投球フォームで、味方のタイムリーエラーにも表情を変えず淡々と投げる姿が印象的でした。少しずつ、自分のものにしつつある感じでしょうか。
でも、相模の夏代表は33年ぶりなんですねぇ。すごく意外でした。筑川利希也や吉田道など、甲子園で活躍した投手のイメージが強かったんですが、あれはセンバツだったのか。

大阪では、ベスト8に公立校4校が残るという希少な展開になりましたが、昨日の準々決勝で4校すべてが姿を消してしまいました。残念…。
穴田・浜田のいる箕面東もエラーの連続でボロボロ、まさに自滅の負け方でした。
管理人さん注目の山田(履正社)はここまで5試合で22打数10安打10打点、今日は近大付と激突します。
2010/07/31(土) 11:10 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
横浜高校では2年生の乙坂という選手も頭角を現しつつあるようです。
桐蔭との試合で4安打5打点の大活躍でした。
米国人の父を持つハーフ。50m5秒9の俊足が売りです。
メジャー志向と夢も大きくこちらも注目してみてください。

履正社×PL戦は甲子園への道で大きく取り上げてくれるものとばかり思っていたのでまさかのスルーにはがっかりでした。
個人的には習志野の山下捕手も気になるんですが鴎ファンににらまれそうですね(^^;
2010/07/26(月) 23:23 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
横浜高校、いよいよ横浜隼人と当たりますね。ちょうど1年前の今日は延長戦で負けてしまいましたが、リベンジが果たせるか注目しています。
管理人さんおススメの斎藤健汰投手、少しだけ映像で見かけましたが良さそうな投手ですね。柔らかく腕が振れるスリークォーター、また腕がやや遅れ気味に出てくるので相手打者にとっては打ちづらそうです。

大阪では、履正社がPL学園を下しました。
山田(履正社)は前日に39度の熱を出したこともあって、本調子ではなかったようです。打席でも身体の開きが早く、上半身の力で球をとらえている感じ。
それでも2点ビハインドの9回表に、多司(PL学園)からセンター前に同点タイムリーを放つなど、勝負強さが際立っていましたよ。
2010/07/26(月) 21:45 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
地方大会はいよいよ佳境に入ってきましたね。
このあたりになると甲子園で見たかった選手が次々に消えてしまうなんてことも。
一二三はまだサイド投手として通用するか、強豪校相手の投球が注目ですね。
初戦を見た限り甘い球も多く修正しないと危ないかなと思います。
PL×履正社ですか。
山田がかなり見たいです。海部・石井の2年生も。
2010/07/25(日) 00:38 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
一二三(東海大相模)は今日もきっちり勝ち上がったみたいですね。効果的な援護をバックに完封。甲子園でぜひもう一度見たい投手なので、期待しています。
でも転向したサイドスロー、これからもずっと続けるつもりなんでしょうかね?もしそうだとしたら、真上から投げ下ろす彼の投球フォームが好きな私としてはちょっとさみしいです。

神奈川では、有力校が順当に勝ち進んでいる感じですね。
私の住む関西では「えっ!この段階でこんな好カードが!!」と思わず嘆きたくなるような事態が続出しています(笑)。
昨日は兵庫の4回戦で神戸国際大付vs育英がありましたし、明日の大阪4回戦ではPL学園vs履正社という、予選決勝で当たってもおかしくないような顔合わせの試合があります。早すぎてもったいない…。
きっと明日の舞洲球場、全球団のスカウトが詰めかけるのではないでしょうか。吉川・勧野(PL)、山田・石井(履正社)と野手の顔ぶれが豪華ですからね。
2010/07/24(土) 21:04 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
今年はTVKですでに横浜高校、横浜商大高、桐光学園、光明相模原と確認できて結構ラッキーな感じなんですが桐光学園は久保田先発で森は確認出来ずでした。
バッター久保田は体格的にはさほどですが上手く運んでいく感じですね。
横浜×向上は平塚球場ですか。中野ジャスティン投手はぜひ見たいですが。。
横浜高校では斎藤健汰投手がなかなかいい素材に見えました。
横浜商大高・服部は何となく投球フォームが高校時代の田沢に似た感じですね。雑誌でもちらほら名前を見かけるようになった投手です。
そろそろ来年以降の神奈川の逸材記事を作成してもいい頃合ですね。
2010/07/19(月) 21:11 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
今日は県予選3回戦をハマスタで観戦してきました。めっさ暑かった…(笑)。
森(桐光学園)は速かったですが、制球はそれほど良くなかったですね。ブルペン練習から注目してましたが高めに抜ける球が目立ち、また時々アーム投げもしていて危なっかしさを感じる投手でした。
スピードでは一二三(東海大相模)を、また投球フォームでは高校の先輩・東條を意識しすぎてるんじゃないかなぁ?と思いましたね。むしろ上から投げ下ろす方が、森には合ってるような気がしますが。
また、桐光の先発左腕・久保田のバッティングがかなり良かったです。あの打ち方なら、打球の飛距離はぐんぐん伸びると思います。まだ2年生ということなので、来年まで期待してみましょう。

同じ2年生では、服部(横浜商大高)と高瀬(横須賀大津)の2人も面白そうに思えました。鍛え方しだいで充分来年のドラフト候補に上がってきそう。
…このスレタイで語るべき話題ではなかったですかね(笑)。

あさっては、横浜と向上が早くも激突しますね。
中野ジャスティンvs大石竜太、などの対決が楽しみです。
2010/07/19(月) 16:57 | URL | 真っ向鯨@横浜関内 #-[ 編集]
失礼しました。
社会人野手の記載がごっそり抜けておりました。
2010/01/26(火) 21:17 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
荒波も白井も入ってませんが
2010/01/26(火) 12:19 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2010-01-06|横浜ドラフト2010 | コメント(36) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ybfans.blog115.fc2.com/tb.php/288-41edc601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック