中盤3イニング10安打7得点集中で逆転勝利!

ここでは、「中盤3イニング10安打7得点集中で逆転勝利!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先発田中が持ち前のコントロール甘く3回4失点で降板、
4回表終了時点で0対5の負けゲームをひっくり返し7対6で勝利。

 巨人|112 110 000|6
 横浜|000 214 00X|7

 【勝】 江尻 11試合1勝
 【S】 山口 5試合3S
 【敗】 高木 5試合1敗
 【本】 長野2号(田中2回)

      回数 被安 奪三 四死 自責
  田 中   3  6  1  0  2
  ハミルトン   1  3  0  0  1
  篠 原   1  2  0  0  1
  江 尻   1  2  0  0  0 
  真 田   1  1  0  0  0
  加 賀   1  0  1  0  0
  山 口   1  1  2  0  0
        9  15  4  0  4

 4・5・6回の3イニングに10安打3四球集中で7得点。
 相手の隙を見逃さず一気に攻略した集中力は見事でした。
 不振だった森本・渡辺が2番・7番で起用されそれぞれ2安打と機能。
 5回表からマスクをかぶった新沼も守ってはその後5イニングを1失点、
 打ってもきっちりつなぎのバッティングで出塁と目立たないながらいい働きでしたね。
 最後は村田が二死満塁から走者一掃適時二塁打を放ち逆転!

 さて、中盤から終盤にかけて全く別の試合になったわけですが残念だったのは田中ですね。
 初回に二死三塁からパスボールで失点、
 2回に長野に高めチェンジアップを叩かれライトへ本塁打。
 3回にもエラーも絡み2点を奪われノックアウト。

 最速140㌔、常時130㌔台中盤の直球と120㌔台のスライダー、
 110㌔前後の大きなカーブ、130㌔前後で小さく落ちるチェンジアップ、130㌔台中盤のシュート。
 低めに丁寧に投げ込み打たせて取るタイプだけに制球が甘くなると一気に苦しくなりますね。
 何しろ重要な先発陣の建て直し。
 今すぐ球威不足を解消するのは無理でしょうが何とかコントロールを修正して
 次回チャンスがあれば持ち味を発揮してもらいたいものです。
 
コメント
この記事へのコメント
♪ 真っ向鯨 さん
それなりに俊足といわれる選手の全力疾走を見るとタイムを計りたくなるんですよね。
3秒台が出るんじゃないかと期待しましたが思ったような数字は出ませんでした。
新人相手にプレッシャーをかけたかったところですが今日はベンチの手堅さが裏目に出た感じですね。
大原は今日のところは余り持ち味が見えませんでした。
スレッジはあの当たりで二塁に行かれてしまってはいかんですね。
2011/04/30(土) 23:57 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
>管理人さん
藤田のタイムまで計測されていたとは…恐れ入りました(笑)。私も映像をもう一度見てみましたが、ん~やっぱりアウト?かもしれませんね。それくらい微妙な判定。
送球の際にライアルが一旦握り直した分、幸いした感じかな。

巨人のルーキー・小山は何とか攻略しておきたかったですね。もともと力のある投手ですから、新人のうちから調子に乗せてしまうと横浜にとって厄介な相手になりそうで。
そういえば、田中と入れ替わりでドラフト5位・大原慎司がいよいよ一軍に昇格してきましたね。今後が楽しみ。
昨秋は即戦力候補投手を多く指名した横浜ですが、須田・大原慎の早いデビューを見るとやっぱり社会人出身はさすがだなぁ、と妙に納得しています。
2011/04/30(土) 20:17 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
♪ 真っ向鯨 さん
藤田の内野安打は微妙でしたね。思わず映像で確認してしまいました。
最近の藤田にはツキが無いように思えて代打藤田と聞いたときは実のところ期待感が薄かったです。
横浜有利という普段あまり無い判定でお情け?でしたがその後こんな展開になるとは。
ちなみに4.2秒とまずまずのタイムでした。
相変わらず苦しい投手陣ですが高崎が結果を残し今後須田、小杉あたりが続いてくれるようだといい流れが出来そうです。
2011/04/30(土) 11:30 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
♪ 光源氏 さん
このままではリリーフ陣がもたないですね。
6、7回をコンスタントにこなし時には完投してくれる先発を作らないと。
2011/04/30(土) 11:28 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
今日は胸のすくような、畳みかける攻撃が見られましたね。無理に引っ張らずに、逆方向へ狙い打ったような当たりが多かった気がします。藤田のタイムリー内野安打には思わず歓声を上げてしまいました。

ただ一方で…やはり投手陣は心もとないですねぇ。中継ぎ投手の登板過多が非常に心配(特に江尻は開幕15試合時点で11試合目の登板)なことに加え、12球団ワースト・4点台のチーム防御率にも改善の兆しがないですしね。個人的には、今の起用法を見ていて「?」と感じることが少なくありません。
流れを引っくり返して試合に勝ったこと自体はうれしいものの、課題の残る試合運びでもあったと思います。
2011/04/29(金) 23:03 | URL | 真っ向鯨 #-[ 編集]
キャプテン村田が、打ちました~勝ったのは、嬉しいが、課題が、多いなぁ~
プロ野球は、ペナントレースで最終的に勝率で順位が、確定する~長いシーズン~

今のベィスターズの野球は、毎日が、トーナメント試合のように~勝ちパターンと負けパターンの継投が、江尻~江尻~雨~江尻では~加賀~真田~もふる回転で~ワンポイントは、勝ちパターンと負けパターン同じショウマだし~
2011/04/29(金) 19:06 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:--------|スポンサー広告 | Page Top↑
最終更新日:2011-04-29|横浜ベイスターズ2011 | コメント(6) Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。