リリーフ陣フル回転で逆転勝ち!

ここでは、「リリーフ陣フル回転で逆転勝ち!」 に関する記事を紹介しています。

先発三浦は球威・制球ともに欠き4安打1本塁打3失点で初回KO。
一方相手先発篠田も調子が上がらず3回に連打で一挙4得点逆転、
その後追いつかれるも8回表に村田適時打で勝ち越し広島戦連敗を10でストップ。

 横浜|004 000 010|5
 広島|300 010 000|4

 【勝】 真田 10試合2勝
 【S】 山口 6試合4S
 【敗】 青木 14試合3敗
 【本】 梵2号(三浦1回)

     回数 被安 奪三 四死 自責
  三浦   1  4  1  0  3
  眞下   3  3  0  4  0
  篠原   1  2  0  0  0
  加賀   1  0  0  0  0
  真田   1  1  0  0  0
  大原  0.1  0  0  0  0
  江尻  0.2  0  1  0  0 
  山口   1  0  1  0  0
       9  10  3  4  3

 大量失点を喫しての負け濃厚かと思われたのが拙攻もありつつ逆転勝ち。
 打ち損じ待ち状態の1、2回が運良く3失点で収まったので試合になりましたね。
 逆転した直後、3回裏丸の本塁生還を阻止するスレッジの好返球も良かったです。
 いつの間にやら二桁10にまで伸びていた広島戦の連敗をストップ、
 広島は広い球場対応で投手力・守備力整備を進めた成果が出つつありますね。

 2番手で登板した眞下が3安打4四球とランナーを出しながらも3回を無失点。
 最速137㌔、130㌔台前半の真っ直ぐと100㌔台から110㌔台の切れの良いカーブ、
 120㌔台後半のフォーク、110㌔台のスライダー。
 スピードには欠けるものの緩急を付けアバウトな制球で目先を変えつつ粘りの投球でした。
 昨年と比べるとフォークの割合が増えたでしょうか。
 今後の球威アップ、変化球の精度アップに期待ですね。
 大原は真っ直ぐに勢いは無いものの制球がなかなか安定していて尾花監督好み?
 
コメント
この記事へのコメント
♪ ☆琉濱☆ さん
先発はハミルトンでしたがやられてしまいました。
球威が無いのでコントロールがもうひとつとなると厳しいですね。
2011/05/05(木) 16:21 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
先発が試合を作ってくれないと連勝出来ないから、これから誰を起用していくのか尾花監督の手腕が試されますね

先制点をあげた時は勝率高いだけに、野手はどんな形でも先制点取って先発は6回3失点あたりをまずは目指してもらいましょう

明日全力で勝ち越してくれることを願っています。先発は阿斗里?それとも祥万?のどちらかでしょうか
2011/05/04(水) 23:36 | URL | ☆琉濱☆ #-[ 編集]
♪ 光源氏 さん
江尻14(セ1位) 加賀12(3位) 真田10(4位) ハミルトン9(7位) 祥万9(7位)

江尻の19試合中14試合登板を筆頭に細切れ継投で負担がかかっていますね。
篠原、大原の存在で左腕は多少改善されている感じですが。
2011/05/04(水) 23:17 | URL | gogo126 #q1Fr55OM[ 編集]
中継ぎ陣の振る回転~

まさに非常事態ですね~

いつ臨界して大崩壊するかと思うとヒヤヒヤします~

これが、終盤戦のシーズン最後なら納得出来るのですが~

去年の牛田のようになる前にせめて2勤1休のように制御して欲しいですね~
2011/05/04(水) 21:30 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
最終更新日:2011-05-04|横浜ベイスターズ2011 | コメント(4) Page Top↑